bybitとBitMEXとの比較

bybitとよく比較される取引所が世界最大手仮想通貨FX取引所のBitMEXです。

実際、bybitとBitMEXはよく似ています。
最大レバレッジ100倍の海外取引所であり、どちらでも同じようにビットコインFXトレードをすることができます。

では、どちらの取引所のほうがビットコイントレードをする上で有利に取引ができるのでしょうか?

bybitとBitMEXをさまざまなポイントで比べました。

bybitとBitMEXの比較一覧

  bybit BitMEX
取引手数料 Make : -0.025%
Taker : 0.075%
Make : -0.025%
Taker : 0.075%
レバレッジ 2〜100倍 2〜100倍
チャート Tradingview Tradingview
追証 無し 無し
通貨ペア数 4 11
出金回数 1日3回 1日1回
注文のとおりやすさ 通りやすい
(ユーザーが少ないためサーバーが混雑しない)
通らないときがある
セキュリティ コールドウォレット コールドウォレット

上記の表をみてわかるように、bybitとBitMEXは取引手数料やセキュリティなどのシステムがほとんど同じ仕組みです。

大きく異なるのは『注文の通りやすさ』と『通貨ペア数』です。

bybitはまだ運営歴が浅い取引所ということもあり、bitMEXよりもユーザーが少ないです。
そのため、価格が急変した際にサーバーにアクセスが集中しても、画面が固まるほど遅くなることはほとんどありません。

ただ、ユーザーが少ないといっても、bybitは世界で5番目に出来高の多い取引所としてランクインしており、トレードするのに十分な流動性は確保されています。

一方でBitMEXの場合、世界一の出来高を誇るだけあってユーザー数もとても多く、価格が急変した際に取引画面が固まったり、ストップが激しくスリップしたりする状況がよく報告されています。

トレーダーにとって取引画面が固まることは死活問題です。
損切りや利確などの一分一秒を争う取引をしている際に画面が固まったら…
一瞬のチャンスを逃してしまいます。

つまり、トレードをする上で有利に取引ができるのは、ユーザーと取引量のバランスが保たれているbybitの方なのです。

ただ、bybitはBitMEXに比べて通貨ペアが少なく、特にBTC建てのアルトコインはまだ上場していません。
「取引したい通貨ペアがbybitでも取り扱われているか」をしっかりと確認するようにしましょう。